「馬肉のコンビーフサルシッチャ」-CONCEPT

「馬肉のコンビーフサルシッチャ」

はじめて出会う、香りと食感のハーモニー

丁寧に時間をかけてつくった馬肉のコンビーフと、生の馬肉、そして豚肉の3種類を組み合わせることで、食感の違いを楽しむサルシッチャに仕上げました。シナモンやカルダモンなどスパイスの香りもいっしょにいただく、どこにもない、熊本の「ショコラ」だけのオリジナルのサルシッチャです。

 

馬肉のコンビーフは、
時間をかけて、丁寧につくりました
熊本特産である馬肉を主役にしたサルシッチャ。その味わいを決定づけているのが、約3週間かけて調理した馬肉のコンビーフです。馬肉のすね肉を数種のスパイスを組み合わせた秘伝のスパイス液に2週間漬け込んだ後に、鍋にうつし、火にかけ、約7時間かけてじっくり煮込んでいます。さらにその後は、手で余分な脂や筋を丁寧に取り除き、繊維状にほぐしていきます。この細かい作業を行うことで、馬肉のコンビーフのねっとりとした食感を引き出すことができるのです。

 

 

生の馬肉、県産の豚肉、
そして馬肉のコンビーフのハーモニー
馬肉のコンビーフサルシッチャの材料は、時間をかけてつくった馬肉のコンビーフと、熊本県産の豚肉と、生の馬肉の3種類。それぞれに違った挽き方にして、腸詰めにし、燻製する工程で、食感の違いを楽しんでもらえるように工夫しています。馬肉のコンビーフのねっとりとした食感と、豚肉のプリッとした弾けるような食感、そして生の馬肉を入れることで、馬肉の風味を引き出します。3つの材料の組み合わせることによって、これまで味わったことのない、独特の食感と味わいが生まれるのです。

 

豊かな香りの秘密は、
シェフ秘伝のスパイス液
馬肉のコンビーフサルシッチャは、熱湯でボイルし、表面に焼き色がつくまでサッとソテーするだけで、非常にスパイシーな香りがあがってきます。その香りの秘密は、コンビーフをつくる際に使用している秘伝のスパイス液にあります。シナモン、カルダモン、オールスパイス、ローリエなど、13種類のスパイスを組み合わせることで、複雑でいて、馬肉のおいしさを引き立てる香りを生み出しています。独特の食感、そしてスパイシーな香りのハーモニーが、はじめて出会う味わいなのです。

 

>馬肉のコンビーフサルシッチャのお買い求めはこちら

ページ上部へ戻る